麗の後頭部をぐいと押して根元まで肉棒を呑みこませ

口も尻割れに蓋されて、息を吸う隙間が全く閉ざされてしまいました。勝ち誇ったひとみの声が、耳を覆うスカートを通して響きます。途端に、激しい屈辱感がグッと胸にこみ上げて来ました。しかし、募る呼吸の苦しさは、たとえ様もありません。私は、彼女の尻の下で、顔を横に向けようと必死でもがきました。

ひとみは、頃合を見て尻をひねり、私の口のあたりに小さな隙間を作ります。懸命に口を大きく開けて、音を立て、空気を吸い込むと、又、その隙間が閉ざされはす。何回か、この尻責めが繰返され、私は、彼女の思いのまに嬲られました。あんなにひどく書いた。ヲフフ、苦しいか?でも、これは未だ序の口よ。私のことを、罰は、こんなもんじゃ済まないわ。

あゆみはバイブを自分のオマンコにあてがうと


また挿入時に痛くなるのです

そして、何度めかの呼吸に私が口を開けた時、彼女は尻丘の重味をグッと私の顎に掛けまし呼吸は楽になりましたが、私は、顎を押し下げられたまで、口を閉じることが出その分、来ません。そのまの状態で、今度は彼女の体重が私の口に掛けられました。クレバスの秘肉を口に頬張った形で、身動きひとつ出来ない私の耳に、ひとみの声。じゃあ、行くわよ。クックツクツ。同時に、ポタポタと落ちて来た滴が私の舌を叩きました。それは、次第に勢いを増して私の口中に溢れほす。

1度のセックスで

咽喉を塞がれては、呼吸が出来ません。私は、ゴクリゴクリと音を立て。その液体を飲み込みました。キャーッ、飲んでるぅ。いやだ、きたなーい。周囲が騒然とし、私は初めて、ひとみの小水を飲まされていることに気付きました。まるで、全身の血が逆流する様な屈辱感と、激しいショックで、目が眩みます。しかし、私の口をしっかりと蓋した女のクレバスからは、後から後からと汚水が注ぎ込まれました。


挿入された

エッチだと思えば

苦しさには勝てず、した。私は情けなさに涙を零しながら、ひとみの小水を次々と飲み干していま彼女の尻が、促す様に、私の顔の上でブルンと揺れます。屈辱に頭の芯まで痺れた私は、言われるままに女のクレバスに舌を這わせました。残った滴を吸うと、チューッと音がして、周囲から笑い声が起ります。誰かが、ふざけた調子で慨嘆してみせると、再び笑いの小波が広がりました。ネ、ネッ、どんな顔してるか見たいわ。そう、こんな目に会って、私達の顔がまともに見られるかしら?皆の声に応える様に、山田ひとみは私の顔からゆっくりと腰を上げました。

処女膜には


フェラを続けていく

女達が一斉に私の顔を覗き込みます。私は、恥ずかしさに耐えられず、思わず目を閉じました。コラッ、目を開けるのよ!誰かが、子供でも叱る様な調子で命令すると、開きました。すっかり気弱になった私は、恐る恐る目を見。途端に、パッとフラッシュが光ります。咽喉をゴクゴク鳴らしてひとみのオシッコを飲んでる所は、一もっともビデオじゃないから、寸判り難いけどね。カメラを持った女に、こうして自分の汚辱に満ちた行為を描写されると、屈辱感が、新たに噴き出しました。ペニスは包皮が剥けて