お尻を突き出して

理紗はあらためて両手で乳房を持ち上げ、亀頭も谷間に沈めた。ああ、感じるわ…中に入っているのを、感じてしまうわ。喜四郎に胸の絶頂を刻みこまれて以来、乳房が鋭敏な感覚器に変貌した。ことを、あらためて思い知らされる。まるで指先で触っているように、左右の巨乳に挟んだ亀頭と肉幹の形状を正確に感じ取れた。とにかく、動かさないと…両手に力をこめて、乳房をうねらせはじめる。

中でたぎる男の硬肉に、女の柔肉がより強く押しつけられ、胸に伝わる硬さと熱さをもっと大きく感じてしまう。胸の狭間で男根が巨大化している錯覚に捕らわれ、つい口から喘ぎがこぼれた。うん…はんん乳房を動かして肉棒を愛撫するということは、自身の胸を揉みしだくてとでもあった。ローターの震動で延々と快楽をたたきこまれ、絶頂を迎えたばかりの胸は、自分自身の指の動きすらも、淫らな刺激として受け入れた。十本の指が、白い肌に食い入り、柔肉の奥に潜りこむたびに、妖しい快感の電流が身体に走る。

奴隷として正式デビューさせる予定でございます


おのおののズボンの股間に伸びている

こ、これでは、オナニーをしているのと同じだわ…柳沢先生の前で、オナニーなんて…。ううっおつんっ、ああ。乳房の内側からも、新しい悦楽が生まれた。猛々しい肉棒に左右の乳肉がこすりたてられて、高熱をはらんだ快感が燃え上がってくる。理紗がパイズリをしているはずなのに、逆に理紗の胸の谷間が女性器さながらに犯されていた。昂る乳房の快感に浮かされて、美貌を甘くゆるめる女教師の顔を、喜四郎が覗きこんできた。

膣と

おいおい。理紗先生ばかりが、そんなによがっていたら、パイズリの意味がないぞ。ちゃんとぼくを気持ちよくしろ。そう言う喜四郎の蛙顔も、あからさまに男の肉悦を浮かべている。うう、早く、ああ、射精して!自分の胸を愛撫する指に、さらに力をこめた。少しでも早く射精をさせて、恥辱の作業を終わらせるには、より激しく亀頭と肉幹を刺激するしかそれは同時に、他ならなかった。うんっ、ああん乳房オナニーをより激しく、ダイナミックにすることにはああ…乳房が力ずくでこねまわされるにつれて、膝立ちになって背後へ突き出した裸の尻が、うねうねとくねりはじめる。


オマンコが離れたが

クリトリスを吸引する

乳房同様に淫具でエクスタシーを掘り起こされた女性器から、新たな愛液が滴り、左右の内腿を伝ってラブホテルの床に流れた。理紗の敏感な反応を、喜四郎が楽しみながら、さらなる恥辱を命じた。まだまだ、上手くできていないな。理紗先生、指で乳首をこすりながらパイズリをするんだ。そ、それは、柳沢先生のモノをこすることには関係ないわ。とっとと、乳首をこすれ。もちろん、二つともだぞ。

芙蓉子の乳首が裸の胸に当たるのを意識しながら荘太は下からペニスを突もっと突いてエ


舌先を伸ばして小さなクリトリスを舐めつけると

これ以上は、拒否しても無駄だとわかった。しかたなく理紗は両手の親指と人さし指で、電車内から悩ましく勃起しつづけるピンクの肉筒をつまんだ。あふつー。鮮烈な喜悦が一筋の稲婪となって、全身を貫く。腰がいっそう大きく前後に揺れて、喜四郎へ向けて濡れた花唇を突き出してしまう。喜四郎の命令ではなく、乳首が発する愉悦への渇望に従うように、理紗は指を動かした。二本の指先から飛び出したピンクの肉突起が、くなくなと上下左右に休みなく向きを変える。下着を売りに来た女性と俺が面接する四畳半の和室