ツルツルのオマンコの筋の割れ目から滴り落ちる汁を触るとすごく興奮して自分でオナニ

M字開脚の姿勢に緊縛していきますその後、妻が生け花に戻ったのか、あるいは、そのまま犯されたのか、わからない。しかし、男にモノを突きつけられても、泣き叫んで抵抗するどころか、驚きもしないあの様子。そして、万事手慣れた仕草から、何度も繰り返されているのだろうと想像させてしまう。それは、和花がここで何をさせられているのか。牧野にとっては、いくら否定しようとしても否定しきれない現実を突きつけられていた。
オマンコするのよ

目の前の宮川とあの痴漢がぴったり重なって見えた

いったい、どうして。つい数日前までの、恥ずかしがり屋で慎ましい妻が、まさに、淫婦と化していた。その変貌ぶりが、牧野にはわからない。いくら、脅されたにしても、たったの何日かで、あんなにか悪者なのだろうか心をかきむしりたいほどの苦悩の中で、腹痛は止まらない。牧野がトイレから離れられないタイミングで、鉄格子の隙間に、そっと、ペットボトルが差し入れられた。未開封の市販のお茶だった。まさか、また、何かが入っているのか?が、瞬時に、頭を振り払う。今さら考えても仕方のないことなのだ。失った水分を補給しなければならなかった。乳首が勝手に硬くなり

ふたたびペニスを握った


ハンストをしても、人道的に応じてくれる連中ではなさそうだ。それなら、今は、毒だろうと何だろうと、水分は身体に取りこむしかないのだ。牧野はいっきに飲み干した。へん、下剤の次は何だ。風邪薬か、水虫か。何でも入れやがれ。その実、開き直って飲む茶の味がわかるほど、牧野の神経は図太くないが、自分に言い聞かせるより、しかたのないことだったのだ。そう、たとえ、何が入っていても。待ち構えているのは、何なのか、わからない。
淫らさと開放感ブラウスと下着を洗濯機に入れた美津子は

処女膜は自然に破れていたらしい

静香は舌先で亀頭を刺激しながら
ともかくにも、牧野は、ペットボトルを空っぽにした。しかし、その後は何もやることはない。となれば、たとえどんなに可能性が低くても、脱出の方法を考えるべきだった。じっとしていれば、さっきのシーンを反芻してしまう。さらに自分を追い詰めてしまうのがわかりきっていた。無理にでも、脱出の手段を探し回るくらいしか、やることはない。
クリトリスを中心に刺激する

通行人の誰かにクリトリスを蹴り上げて貰って下さい

そして、それは実際、必要でもあったのだ。たとえ可能性が0に近かったとしても、人間には先にるべきだというのは、牧野なリの考えだった。けどなあ、やっぱり、無駄な努力ってのもなぁ。の二文字を見つける努力をす。ホンの短い努力をしてみれば、それ以上の努力を受け付けるはずもない、殺風景な部屋だった。それこそ、一寸刻みで、壁という壁、床という床を調べてみても、やはり、何もない。時間だけが、ただむなしく経っているだけ。とうとう、牧野は、ごろんと横になって天井を見つめるしか、他にやるコトがなくなってしまった。
尻を振る動き

下着だった

エッチな奥さんだと思われてるよ
天井は、おんぼろなアパートの自分の家よりも高い。から蛍光灯が煌々と照らしていた。眩しいほどだ。アキさんなら、ひょっとして。網格子が間にはまって、さらにその上あの背丈と、パワーがあれば、飛びついて、天井にはまった網格子なら破れるかもしれないが、しかし、それだけのことだろう。蛍光灯は、剥き出しのコンクリートに取り付けられているように見えていた。カメラは、あるかな?当然、カメラで監視しているのだろうが、カメラのようなものは見あたらない。